出会い系サイトで本当に出会える方法

出会い情報ガイド

素敵な出会いを応援します

Pocket

デートを意識させるメールテクニック

女性との間で、メールは続くけど、なかなかデートに繋がらない。

ポイントばかり浪費して出会いに繋がらない、そんなお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらのページでは、デートに繋がるメールテクニックをご紹介したいと思います。

女性の立場も理解してあげましょう

出会い系サイトに登録している女性は受身の方が多く、男性に対して警戒心を持っています。

中には、「ちょっと会うのは怖いから、メールだけでいいな」と思っている女性もいるかもしれません。

しかし男性側はメル友を探しているわけではないので、出会いに余りにも消極的すぎる女性には時間を裂きすぎないように見切りをつけるのも大切です。

しかし、女性側で、いくら積極的に男性に会いたいと思っている女性でも、まだ男性の人となりがわからないうちに、男性側が鼻息荒く「会いたい会いたい」アピールをしてくると、「ちょっと・・・この人、危ない人かもしれない、積極的すぎて怖い」などと思われてしまう可能性があります。

なぜ出会い系サイトでは、危険かもしれない、危ないと思われるのでしょうか?

その答えは簡単です。

女性側に貴方がどういう人物なのか判断するための材料がないからです。

そんな状況で下心満載なメールや、会いたいをアピールしすぎるメールを続けても、女性側が警戒して出会いに繋がりません。

沢山メールを送り、時間をかけたのに全く出会いに繋がらないという人は、ほとんどがそのメールの内容がしつこいぐらいの会いたいアピールであったり、女性側に対して警戒心を抱かせてしまうようなガッツいた内容だったりする一方で、貴方自身のことがちっとも見えてこない内容なのです。

なので、メールをする際の注意点は、女性側に安心感を与えてから、初めて会いたい、デートをしたいという本題を出していく我慢の戦法です。

女性側が、貴方が信頼できる人であると把握しないかぎり、出会いには繋がりません。

自分の人となりや、普段の日常などを女性に情報開示して、女性側に判断材料を与えてあげましょう。

「○○さんと趣味が合いそうです、僕も○○してますからきっと話が合いますよ!是非デートしましょう!」

こんな誘い文句も、女性側との細かなコミュニケーションの前と後とでは、デートに繋がる確率はグッと変わってきます。

まずは、会いたいアピールの前に、自分の情報を女性側に与えてあげること。

普段どんな仕事をしてるのか、どういうものが好きなのか、何に興味があるのか。

お見合いパーティーではないので、年収やどんなところに住んでいるかを教える必要性はありません。

貴方がどんな人なのか、人となりが分かるような日常の些細なことを女性側にアピールして、女性がアナタがどんな人物なのか想像できるまでコミュニケーションを取りましょう。

一見遠まわしのようですが、これが実は出会い系サイトを利用する上で、1番出会いに繋がる近道なのです。

ページの先頭へ戻る▲