出会い系サイトで本当に出会える方法

出会い情報ガイド

素敵な出会いを応援します

Pocket

がっかり、悪用写メ見分けのポイント

サクラがいません!絶対に出会えます!というような出会い系サイトでも、残念なことに キャッシュバッカーや援デリ業者などが、普通の女性に成りすましている場合が多いです。 または、自分ではない、赤の他人のモデルなどの写真を悪用した、怪しい女性もいたり。 そんな「地雷物件」に引っかからないためには、写メ画像から見極めるテクニックが必要になります。 ここでは、ちょっとしたポイントをご紹介したいと思います。

キャッシュバッカーが用いる写メの特徴

まずはキャッシュバッカーについて簡単なご説明。 キャッシュバッカーとは、ポイントを目的として「出会いたい」という男性を鴨に メールを引き伸ばしたりして自分のポイントを稼ぎ、景品や現金に換金して「お金を稼ぐ事」を目的にしている女性です。 彼女らに引っかかっても出会いには繋がらないため、写メなどから、このキャッシュバッカーを回避する ポイントを押さえておきましょう。

出会い系サイトでキャッシュバッカーが投稿している写メは、殆どの場合は自分ではありません。 そりゃそうですよね、鴨に自分の顔を晒すリスクなどは彼女らは負いたくありません。 大抵は、ツイッターなどで掲載されている女子高生や女子大生、モデルの卵などの写真を悪用しています。 なので、Googleの画像検索機能を使用して、プロフィール画像などを一度検索にかけてみてください。 そうするとツイッターなどで掲載されている画像が何件かヒットするはずです。 そのツイッターやブログを見て、このツイッターの主と、出会いプロフィールの主は何か違うな・・・・と思ったら 恐らくそれは写メ悪用のキャッシュバッカーです。 逆にそのツイッターの主に写メが悪用されていることを教えてあげれば・・・それもまた1つの出会いになるかもしれませんね。

女性心理を理解せよ、普通の女性は顔を出すリスクが怖い

出会い系サイトを利用する「普通」の女性の心理を理解しましょう。普通にお勤めしているOLさんが出会いサイトを利用するとき 自分の顔をネット上に大々的に上げると思いますか? いつ取引先の人に見られるか、同僚にバレるか、匿名性がネットの利点なのに、自分の顔を晒すリスクを普通の人が 選ぶことは中々少ないでしょう。 よほど顔に自信がある人か、自己顕示欲が強い女性はそれに当てはまりませんが、通常の女性は写メなどを掲載していないほうが多いのです。

そういう判断ができるからこそ、写真を載せない。そういう奥ゆかしい「普通」の女性との出会いを求めるのであれば 写真のないプロフィールのほうが信用性が高いと思いませんか? お相手の顔が知りたい場合は、コンタクトを取ったあと、個人のメールでのやりとりで信頼を得てからというパターンが 一番多いようです。

写メに釣られないように気をつけよう

出会い系サイトで相手を探す時、どうしても写メが入っている人のほうが目についてしまいますよね。 タイプの女性だったりすると、サクラとわかっていても、「ひょっとしたら・・・・」なんて下心でついメールを出してしまいたくなります。 悪徳業者はそんな男の悲しい下心をしっかり把握しています。 バストの大きい可愛い子、若い女の子、ちょっとセクシーな服装の写真、ありとあらゆるツボをついてくる写真に、うっかり騙されないように しっかり気を付けましょう。男心をくすぐりすぎる、ツボを付くプロフィール写真は、いっそ全部怪しいと思ったほうが無難です。

 

出会い系サイトを使って出会う事ができた彼の夢(29歳A.Kさんのコラム)

ページの先頭へ戻る▲